誰よりも大きく未来に輝いて

玉森くんのこと。

中丸くんを好きになった理由。

※中丸くんの印象というよりは、好きになった理由が結局今中丸くんに抱いている印象に繋がると思ったのでこの記事を書きました。前回の記事と少しズレていてすみません。

正直、中丸くんは“ごく普通の優等生”というイメージが強くて、担当という大きな存在にはならないと思ってました。実際、KAT-TUNにハマる本当の入口は田口くんだし(ギャグみたいになった)、その後興味を持ったのも上田くんでした。リア友にKAT-TUN好きになったことを言う時も誰派?みたいな展開になって、『上田くん』って答えてたし、その友達が『私は中丸くんだな〜』って言ってもふーんくらいにしか思ってなかったです正直。だからまあ今のこの結果はカミングアウトしづらい展開にはなりましたね。笑

それではなぜ中丸くんを好きになったのかという話なのですが、彼には底知れない数々の沼が存在してたのです。

◎ロバ丸
これは中丸くんと上田くんのコンビの愛称です。上田くんがロバに似ているというのと中丸くんの丸をとってロバ丸というらしいです。長年シンメであった2人。信頼しきってる。仲がいい。2人の距離感がおかしいんですよね。ナチュラルにくっつきすぎて見つけた時には『??!!??』っていうのがまず頭に浮かんで処理していくうちに興奮して見守りますの体制に入ります。あくまでも中丸くんと上田くんのどちらも意識的に仲いいの見せようっていうんじゃなくて、気づいたらくっついてるっていうのが多いです。どちらもどちらの担当みたいな怖さがあります。とてもじゃないけど勝てません。勝つ気もありません。あ、でも中丸くんの方が独占欲が強い気がします(あくまで私の見解)。ロバ丸怖いっていうエピソードはたくさんあるので調べてみてください。怖いです。ちなみに誕生年が同じで、誕生日が中丸くん9月4日、上田くん10月4日。一ヶ月違いなんて奇跡のような運命のようなコンビだと思ってます。
コンビ萌えするだけじゃなくて、この2人はKAT-TUNの年長として頼れる存在でもあります。

◎リア恋枠
これはよくあることみたいです(中丸くんに関するツイートなどを見た結果)。全然気にしてなかった中丸くんが、リアルにいるかいないかの瀬戸際を妙についてくる感じがたまらなくてハマっていくのです。彼は天才的に人に馴染むし(褒めてる)実際にいそうな雰囲気出すのうまいんです。そこでまず中丸くんとリア恋したらどうなっちゃうんだろう…っていう妄想をするんですよ。安易にできちゃうんです。普通にいそうだから。でも、よく見たらそんなことなくて何もしなくてもモテちゃうようなさらっとなんでもやれちゃうスマートさを持ってます。顔も中の上ではなくて上の上でもおかしくないかっこよさ持ってますし…。
まあ、実際にもモテてたんです。今年2月放送のがつーん(中丸くんと田口くんのレギュラーラジオ番組/今年3月末に番組終了)で小学生の時バレンタインにクラスのオンナの大体からチョコをもらったとか言い出したんです…。ビビリで優等生で好青年で変に曲がらないと思ってた中丸くんの口から『オンナ』、そしてかなりの爆モテっぷり。 しかもです。そのお返しは『母親が適当にスーパーで買ってきたお菓子』ですよ。私の中の何かが壊れた音がしました。ちょっと待ってくれと私の中の何かが言いました。そんなのかっこいいに決まってる。そんな爆モテエピソード今時どこで聞いてもないし、何ならそのモブオンナの一人になって中丸くんに淡い恋心抱きながらチョコ渡して、お返し返ってきてちょっとドキドキしちゃうみたいなのやりたかったです。雄一少年はこれっぽっちも好きなんて思ってない展開やりたかったです。それでまあこのお話には続き(?)があって、今月放送されたがつーんでお返しについてのお話があったんですよ。雄一少年は雄一青年になり、今年も現場の女性スタッフさんなどにバレンタインをもらったのです。そしてですね、雄一青年は『お返しはして当たり前だし、お返しは例えばハンドクリームとか。ちゃんと消え物を選ぶ(ニュアンス)』と仰ってました。つい一ヶ月前に雄一少年爆モテエピソード&母親セレクト適当返しのお話を聞いたばかりだったので、成長に涙したし、雄一青年がかっこよすぎてまた軽率に恋するスタッフさんを作るんだな…中丸くんたら罪多き男。とまで思ってしまいました。がつーんは色々と妄想が広がる楽しい番組でした。ゲームやサッカーの話でリスナーをおいていくのも好きでした。終わってしまったの寂しいです。
そして色々と話が長くなりましたが、調べていくうちにチャラ時代を踏んでいて、そしてかなりの帝王であること(ファンはじゃがいもとか言い出す)がわかりました。その辺の、優等生好青年キャラとのギャップがたまらなくてたまらなくて中丸くんから目が離せなくなりました。チャラ時代のピアスしている中丸くんに軽率にまた恋するし(中丸くんのピアス大好き芸人)、そんなに浮かれてるとDFEで『どうしたの?』って言われちゃうし、でも中丸くんの理想の恋のお話とか聞くと超ベタで可愛くてあー無理ってなって沼化という感じです。
ラジオの彼の張るか張らないか具合の声も好きです。がつーん聞き始め(今年になってから)くらいから声の面では気になってました。

◎歌声
今までKAT-TUNの曲聴いてもだいたい分かるのは亀梨くんの声だけだったし、聴き分けなんか無理!だと思ってました。
そんな時、KAT-TUNは1月のザ少年倶楽部プレミアムのSWEETSONGメドレーで、[SWEET CHAIN/YOU/歩道橋]を歌ったんです。そこで中丸くんが何か青春を思い出させてくれるというか、綺麗な透明な歌声を持っていることに気がつきました。繊細な、少し甘く、そしてどこか上品で優しくて素敵な歌声。スーパーウィスパーボイス。歌割りのパートもリア恋こじらせものもあって、リア恋リンクして萌え爆します。もちろん、低音も好きです。ゾクゾクします。ソロ曲もですね、まだあまり聴けてない私が語るのは申し訳ない限りですが、中丸くんの恋の表現がピュアで可愛くてすごく好きです。
中丸くんの歌声に気づいてからは徐々に聴き分けもできるようになって楽曲を聴くのも楽しくなりました。
そして中丸くんといえばボイパ。すごくかっこいいです。バラエティ番組などでの数秒の単独ボイパ披露しか知らなかった私は曲中でのボイパのかっこよさを知らなくてSWEETSONGメドレーの時こちらでも驚いて。それから、他の曲を聴いていても『あ!』と気づいては驚かされましたね。個人的にRESCUEの『レディースエンジェントルメ-ンイッツマイビートボックス』(これ伝わりますかね?)って低音で言ってからボイパ始めるのかっこよすぎてます。LIVEでのボイパの演出もすごいです。LIVEDVDはCHAINとquarterを見たのですが、どちらも圧巻でした。長年積み重ねてきてるだけあって技術力が半端じゃない。間違いなく中丸くんの、KAT-TUNの武器です。

◎容姿
これはまあ当たり前の事実というか、人を好きになるのって中身と容姿ですからね。中身を知っていくうちに容姿にも興味を持ち、知らないうちにここも沼でした。
中丸くんはフォルムがたまらないです。ゆるっとなんでも似合ってしまうんだろうなっていうあのフォルム。腕とか足とかやはりアイドルなので細い。しかしそれで弱そうかって言ったら違って、程よく鍛えられてるし、上腕は白くてすべすべしてるけどやっぱり男性を意識しますね(そろそろ変態になりそうでごめんなさい)。中丸くんのカラダについては無限の可能性を感じます。 
あとは中丸くんは 手がとっても綺麗です。長くてエロい。細くて長くて性的に興奮させる最強の武器。手先も器用です。マイクの持ち方が、ちょっと小指を添えてきて優しさも感じられて最高に興奮するのでぜひ見てみてください。
逃すことの出来ないまんまるな目。ふとした時の伏し目は最強にかっこいいのに(帝王、DFEモードも多々あり)、可愛いなあって時はほんと可愛いです。ぽかーん顔の最強さは異常。寝顔も可愛いです。寝る時は手を枕にして寝ることが多いみたいで(現場では)、それは本当に可愛いのでありがとうございます。あとはですね、笑った時にシワができるんです。それがとても私には癒やしです。

と、あげると大体こんな感じですね。中丸くんはイメージとのギャップが大きぎて私は毎日キャパオーバーです。シューイチではシューイチでしか見せない顔があるし、コンサートではコンサートでしか見せない顔がある。スイッチの切り替えがうまいと思います。メンバーの前とかホームだと口が悪くなっちゃうのも好きです。
これまでに知って好きになった中丸くんの沼のお話をあげてみたつもりですが、まだまだ中丸くんを知らない部分がたくさんあるのでまた学んでいきますね。ここまで拙い文章でしたが読んでいただきありがとうございました。中丸くん、ハマります。

KAT-TUNメンバー(中丸くん以外)の今の印象

KAT-TUNメンバーの今の印象を残しておきたくてこの記事を書きました。中丸くんは個人的に担当ということもあり、近々中丸くんだけでひとつの記事にしたいと思っているので今回は中丸くん以外の他のメンバーについての今の印象です。

○亀梨くん○
はじめに亀梨くんを認識した時から今までで一貫してるのがザ・アイドル。素でアイドルやるタイプじゃなくて自分なりのアイドル像をまず作ってからアイドルやってるんですね。だから妥協も許されないしやれと言われたらしっかり着実にこなす。カッコつけるところもカッコつけるし事実カッコいいです。ここは誤解で自分に酔ってるんじゃないのかなって思われがちだと思うんです。そこはちゃんと理解してあげたいし(KAT-TUNのこと知っていくうちに私も知ったので世間に伝われ〜という念)むしろそこまで突き通してアイドル続けられる亀梨くんは尊敬に値する人です。そして常にグループに還元することを考える人。自分が引っ張る立場になることが多い分、KAT-TUNの名前もちゃんと出して個人のお仕事をこなす。こうやって外部でたくさんお仕事をしてくるせいか、メンバーの前では素が垣間見えるのが亀梨くん楽しいところの一つ。特に中丸くんの前でのデレデレ甘え〜って感じが最強に可愛いし中丸くんのこと好きすぎて亀ちゃんよ…(ちょっと焦る。でも可愛いからOK)となってしまいます。まあ中丸くんも中丸くんでかなり亀梨くんを甘やかしてるので爺孫コンビとしてこれからも愛でていきたいですね。おしゃべり大好きでついしゃべりすぎちゃう亀梨くんも可愛いですよね。コンサートのMCやかつんのホームだともれなく下ネタを言うところも私的にアリです。そしてたまに出る天然なところ。あとはギャグ言ってちょっとすべってるけど自信満々なにこにこした顔。常に完璧を求める亀梨くんのこのギャップがたまらないです。ジャニーズのセックスシンボルとしてのあの美貌。声から溢れるエロさたくましさ伸びやかさ(まとめ方下手でごめんなさい)。
何やっても任せられる安定さはグループをより良くするしこういう人がいると安心します。
あと私が個人的に興味を持ってるのは演技です。怪盗山猫を受験が終わってから一気見して、もちろん昨日の最終回もばっちりリアタイしたのですが、亀梨くんの演技は人を引き込ませる力があるなと思います。各話見ていくうちにどんどん山猫の世界にもハマりました。亀梨くんの山猫だから見せられたものってかなり大きいと思うし、スピード感のある演技で山猫が実際に存在する錯覚まで起こしました。亀梨くんは色んなドラマや映画に出演してるみたいなのでこれからどんどん過去の作品を見るつもりです。楽しみです(^^)

○田口くん○
私をKAT-TUNに引き寄せてくれた人。感謝、と表現してしまうのはとても悲しいけどうまい言葉が見つかりません。KAT-TUNを知っていく中で出会う田口くんを、いつか辞める決断をしてしまう人だと思ってしまう、そんなフィルターにかけてしまう自分が今でも情けなくて辛くて苦しいです。時が戻るならあの発表の前に、なんの不安の要素も心に持たない状態でKAT-TUNに、田口くんに出会いたかったです。出会う田口くんが本当にアイドルとして十二分に輝いているからこそこのことは思えます。発表後の収録だろうとなんだろうと田口くんの底抜けの明るさとか、ギャグがスベってもくじけない笑顔とか、一転してダンスの鳥肌級の美しさとか、もちろんいつまでも綺麗なお顔とか、知るたびに完璧なアイドルを思わせてくれるんです。メンバーの中でも程よいムードメーカーで田口くんがいるとみんな和むし笑顔だし居なくなることなんて想像できないくらい仲良くて見ていてほっこりします。
今更何を言っても3月末でいなくなってしまう田口くん。少しの間でしたが確実に私の中ではKAT-TUNのメンバーの1人としてリアルタイムで刻ませてもらえました。メンバーだったのが“過去”だけになってしまわなくて良かったです。ちゃんと少しでも時を刻めたのが嬉しかったです。KAT-TUNにいるうちに魅力を知れたのも、田口くんがあの発表から残してくれた期間があったからで、田口くんは最後まで優しくて素敵であったかくて完璧なアイドルだと思います。こんなこと言うけど本当は悔しいし苦しいしそんな現実はいつまでも来ないで、春よ来ないでと思ってます。どうか最後まで、田口くんらしくいてください。

○上田くん○
とっても素直で真面目ででもメンバー1寂しがり屋で魅力が詰まった人。どこまでもまっすぐ思ったこと、感じたことを伝えてくれます。ビジュの面では、過去の画像を掘り起こすとそこには女の子よりも可愛い美しい上田くんがいました。髪型を変えることで自分の位置を模索してたのかなという印象です。妖精が見えてたエピソードから始まり甘栗時代を超え今のツンツンな上田くんがいます。調べれば調べるほど上田くんの幅の広さにのめり込むし、圧巻されます。変わらないところもあって、笑い方なんかはずっと一緒で、ちょっとボケなところはいつも可愛いです。あとはストイックさ。ボクシングを続けてることもあって鍛え上げられた筋肉を見ればその努力は伝わってきます。今は見た目や言葉遣いとかも怖くて恐れられがちだけど心優しくて芯の通ったスーパーアイドル上田くん。最強にカッコいいし、でもたまにぽやぽやしてるボケも含めて面白いし見てて飽きさせない人。基本的にイケメン。シュガーキャンディーチョコレートボイス上田くん。歌声が今の見た目ではあまり考えられないくらい甘くて美しいです。高音はお手のもの。ソロ曲は数曲聴かせてもらいましたがちゃんと自分の世界観を強く持っている人だなと思いました。MONSTER NIGHTのPVはまるでおとぎの国の映像を見せられてるかのような上田くんの才能がぎゅぎゅっと詰まった完成度の高いものでした。2次元を始めた上田くんにさらに期待(もうとっくに2次元でしたけど笑)。上田くんは知るたびに面白いです。あとは直球のパンチがあるのでバラエティにバンバン出してほしいです。彼は間違いなくバラエティに向いてると思います。


取り急ぎまとめました。あくまで私の観点から見た印象なのでよろしくお願いします。中丸くんは考えただけでたくさん出てきてしまってまとまるかなって感じなのですが、近々…できれば明日には記事あげたいです。拙い文章読んでいただきありがとうございました。

玉森くんが26歳

つい2日ほど前に玉森くんが26歳になりました。おめでとうございます。

25歳でも全然しっくり来なくて私の中では24歳が1番玉森くんっぽいです(笑)響きだけ(笑)

でもそれだけ時間が経っているだけあって、玉森くんは着実に成長してると思います。

25歳の一年は、座長舞台、主演ドラマ、主演映画と俳優の、演技の幅も大きく広がったり、Kis-My-Ft2で3大、そして名古屋とドーム公演を行って、もれなく宮田くんと結婚式挙げたり(笑)、キスマイBUSAIKUが深夜枠から格上げしたのもあって玉森くんがブサイクを取る確率も上がったり、毎日がめまぐるしかったんじゃないかなと思います。

そんな25歳の玉森くんをそんなに追えなかったのが残念です。あ、でもコンサートには実はお邪魔させてもらいました。玉森くんはドリボの最中だったしさぞお疲れだろうと心して東京ドームに向かいました。しかし、そこにはKis-My-Ft2玉森裕太がちゃんといて、去年よりも何倍もかっこよく、強く、可愛く、面白くなってました。玉森くんは歌とダンスが特別できるかって言われたらたぶん違うと思います(盲目だけど言っちゃう)。まあ天性の可愛さの持ち主だとは思うんです。玉森くんがぽけ〜っとしてればもう可愛いし、藤ヶ谷くんとはじめてのおつかいごっこした時には可愛すぎて頭抱えたし、キスマイフェアリーでドキドキで(略)を歌って外周をてとてと歩く玉森くんほんとに可愛かったです… ( ; ; )
玉森くんの可愛い話はさておき、私はifの玉森くんの歌前のセリフの時モニターに映った玉森くんを見て腰抜かしました。かっこよすぎました…表現力がないからこれしか言えないんですけど、なんかアイドル玉森裕太を全面で見せられたというか、私が少々不安を抱えてコンサートに行ったのもあるんでしょうけど、ちゃんとアイドルな玉森くんがいてほっとした気持ちもしました。それと、いつの間にそんなに感情を表現できるようになったの…っていう驚きとか、去年のソロ曲の感動を超えてくるものがありました。私はミントコン以来、ぐーっといくぜ以外は毎年コンサートに足を運ばせてもらっていますが、毎年去年を上回る感動があって、この人に恋して今日まで応援してきて良かったっていう満足感でいっぱいになって帰るんです。それをコンサートのまだ序盤だったifで感じることができてとても嬉しかったです。後半のHair→ふぁいあび→エタマイはセトリからして興奮して、実際にKis-My-Ft2がガツガツ踊ってドームを花火の海に包んだのは圧巻でした。やっぱりこういう系の音楽も聴きたい、見たい。普段のバラエティとはまた違ったKis-My-Ft2の真骨頂の姿を見るためにもLIVEにはまた足を運びたいです。玉森くんの話してたのにいつの間にかキスマイの話になってました(^^;

もちろんまだまだ成長の過程の中だし、玉森くんにはこれからもどんな景色を見させてくれるんだって期待もたくさんしてます。ブログにも7人で力を合わせて頑張るって書いてくれたので、いつかその頑張りを近いうちにこの目で見届けられたらいいなと思います。玉森くんがアイドルを続けてくれて、私が応援できてることはとても幸せなことです。これからもずっと玉森くんらしく一歩一歩進んでいってください。大好きです。26歳のお誕生日本当におめでとうございます。生まれてきてくれて、ありがとう。

掛け持ちという選択。

掛け持ちについてのお話です。

つらつらと長くなります。お暇な方はどうぞ。

亀梨くんが私のKAT-TUNとの最初の出会いだったと思います。2006年放送の『たったひとつの恋』をドキドキしながら見たのを今でも覚えています。小3だった私の人生初めての恋愛ドラマだったのでただ恥ずかしくて内容は全く覚えてないです。KAT-TUNの亀梨くんというよりは亀梨くん単体で知ったというのが妥当な感じでした(田中くんもいたのにごめんなさい)。今思えば主題歌もKAT-TUNでしたが、ラブシーンだけでお腹いっぱいみたいだったみたいです(笑)
その後KAT-TUNがMステか何かに出たのをたまたま見たことがあり正直な印象は『怖い』でした。ステージ上をヅカヅカとキラッキラの衣装と金髪だらけのグループが大歓声浴びながら歩いてくる姿。ジャニーズ自体にも怖いという感情を抱いていて(学校のイケイケな女の子達が好きなイメージ。地味めに生きてた私には近寄りがたかった)、その怖い印象のトップに刻まれたのがKAT-TUNでした。私とは住む世界が違う(今でも違うことは理解してるけどその違うとはまた種類の違う「違い」←わかりにくい)人たちなんだなあって一般人ながら納得した記憶があります。

KAT-TUNといえば亀梨くんというイメージがその後もずっと強かったです。キスマイ担になった頃、姉がKAT-TUNにハマったのもあってようやく少しは全体が見えるようになってメンバーの顔と名前は一致しました。
亀梨くんは王道ジャニーズの道を常に走り続けててやっぱりかっこいいなと。一人でどこに出ててもトークがうまいな面白いなっていう。そして亀梨くんは圧倒的に目に入る機会が他メンより多いんです(亀梨くんくらいしか出てないだろうという多少の偏見は持っていた)。だからかな、徐々にKAT-TUN自体怖くはなくなったけど亀梨くんしか細かな性格まで(もちろん全部は知らなかったし下ネタが好きだなんてそんなの知らない笑)分かる人はいなかったんですよね。
中丸くんはシューイチで初めて知ったのかな、すごく真面目で優等生みたいな人がKAT-TUNにはいたんだと思ってました。無機質なイメージでアイドルかと言われると繋がらない部分も正直ありました。ボイパやってるのは知ってたのと、あとはかなりのビビリ。これは変に興味がなくても印象強かったです。まさか数年後に担当になるとは思ってもいなかったですが…。
上田くんは丁度坊主になった頃で、前の髪型を知らなかったのでドラマの役作りで坊主にした人という位置でした(テキトーすぎる)。無口でクールそう。そしていつの間にか金髪になってました(ツンツンちょっと怖かった)。
田口くんは長身のたまにギャグ言う人っていう大まかな印象のみ(1番テレビで見る機会が少なかったので…)。

話前後してすいません。2011年、私はKis-My-Ft2に、玉森裕太くんに墜ちました。これは美男出と呼ばれる永遠新規枠なんですけど、ツンデレ廉さんについていくしかないと決めたあの夏。1年ほど嵐をかじってはいましたがそこから本格的なジャニヲタの扉が開かれました。キスマイがデビューまで下積みが長かったこともあり、過去を調べるようになりました。そこでKAT-TUNに遭遇。キスマイはあのKAT-TUNのバックについていたのか…と知って、キスマイの過去のヤンチャっぷりも怖くて、過去に知っても好きになってたかわからないなと正直思いました。
キスマイバック目当てでKAT-TUNの過去のライブDVD買うことも考えましたが、それよりも毎度のかなりのパターンを出すキスマイのCD、DVD類についていくのが中高生だったこともあり、精一杯で、そのうちお金に余裕ができたら買うだろうなと甘ったれたことを考えてました。ここで頑張って買ってたらKAT-TUNの魅力に気づくのが少し早かったかなと今は後悔しています。

そして気づいたらKis-My-Ft2を追いかけて4年が経っていた去年の秋あたり。この時期は受験!受験!とキスマイの番組も録ってもすぐには見れなくて仕方ないと思いつつ、玉森くんのことが好きな気持ちが溢れる時期でもありました。その頃玉森くんのドラマ&映画が重なり、怒涛のテレビ雑誌ラッシュだったのですが当然全く追えず、色んな気持ちが錯綜して露出は嬉しかったけどアイドルを追うことの苦しさに悩む日々でした。

この時期というかその前からも少しはあったのですが舞祭組の売り方がどうも全部受け入れるのは難しくなっていました。なぜこの人たちはこんなにも自虐ネタで周りに笑われなきゃいけないんだろう?アイドルにプライド持てなくなっちゃったのかな?というもどかしさというか落胆というか…もう…みたいなことは感じ始めてました。

あとはなんだろうな…他メンがテレビに単独で出ても見向きもしないタイプになってました(これは時間がなかったのが大きな理由)。他メン<<<玉森くんくらいにはなってたし、学校で昨日のテレビの話されて他メンが出ていたことにやっと気づくこともよくありました。キスマイの活動というよりも玉森くんの活動を時間のない中頑張って追ってる感じでした。もともとそんなに他メンには沸かない方でしたが、キスブサも録画を見る際は玉森くんのところだけとか…時間がなかったのが一番の理由でしたが、キスマイファンとしては失格かなって思い始めた時期です。


そんな去年の秋11月24日。例のあの、田口くんの発表がありました。
(何も知らなかった私が語ってしまうのは少し違う気もしますし、デリケートな話題で気分害してしまったら本当に申し訳ないのでお好みで読んで頂けたら嬉しいです。以下続きます。)


キスマイはあの番組には出なかったので当然録画もしておらず、塾の帰り道のYahoo!ニュースか何かで知り、かなりの衝撃を受けました。KAT-TUNが4人になってからまとまってきてると思っていたし、そして脱退の可能性など思いもよらない田口くんがやめてしまうのかという、ジャニヲタとしての何かぐわっと来るものがありました。もしいつか急に自担にもそんなことが訪れたら…という悪夢な考えもよぎりました。どんなテンションで田口くんが発表したのか気になったのもあり、すぐに動画サイトで発表の様子を見ました。正直見ても意味がわかりませんでした。田口くんは淡々と話し、他3人はただうつむき、その後の亀梨くんの言葉もズシズシ来るけど余裕のない表情だけが映って、伝えられる事実だけが積み上がって儚くて切なくて消えていって…。ネット上でのKAT-TUN担の皆さんの様子も覗かせてもらいましたが動揺してるしこの発表の意味が分かりませんでした。次の日、クラスに田口担の子がいたので心配していたのですが、その子も『とりあえず新聞は買ってきた…』と新聞各紙を机に並べてただ呆然と、理解できない事実だけが並べられた文字を見つめるだけでした。本当に恐ろしかったです。かける言葉が分からなくてなんとも表現できなかったです。
そこから、KAT-TUNに興味を持ちました。田口くんはあの直前まではどんな活動をしていたんだろう…何か前兆みたいなものはあったのかな…というファンの皆様には申し訳無さすぎる興味心でKAT-TUNさんの動画を調べていました(受験生だった故塾終わりの深夜)。
軽率すぎました。
タメ旅を一番最初に見ました。そこには私が想像していたKAT-TUNとは全く異なるKAT-TUNがいました。過去のギラついてて怖かったイメージとは打って変わって、過酷なロケにもめげない、そして仲悪いなんて誰が言ったんだっていうくらい仲良くて素直で可愛くて頑張っているKAT-TUNがそこにはいました。年齢を調べたらみなさんアラサーで、あれ…アラサーだけど全力可愛い…あれ…でも顔はやっぱり綺麗だな…っていうどんどん沼に浸かっていく感じでした(表現下手)!1日の勉強の最後にタメ旅を1回ずつ見ていくのが純粋にすごく楽しかったし亀梨くん以外のメンバーの性格も徐々に知れていけました。寝起きドッキリが1番楽しかったです。そこで徐々に上田くんにハマりました。ろばまるの存在に気づいたのもその頃。
そうしてタメ旅だけ見ていたのですが、ある日、あの『あなたへのおすすめ』っていう関連動画あるじゃないですか(某動画サイト)、そこにKISS KISS KISSの歌番組披露の動画があったのでつい押して見ていました。そこでKAT-TUNの魅力を見たというか、世間のKAT-TUNのイメージはこっちかっていう…タメ旅ではあんなにお茶目可愛いところ見せておいて、歌番組だとこんなにも色っぽくて歳相応にかっこよくて歌も上手くて……!逆転ギャップ沼というやつです。そこから楽曲にも興味を持ち、聴いてみた楽曲はどれもどハマりしました。歌詞もいい意味でぶっ飛んでであの歌詞歌えるのたぶんKAT-TUNだけだわ…かっこよすぎだ…となりました。あんなに怖かったはずの過去の映像とか今見ると印象変わってギラついてるのがかっこよすぎて意味がわかりませんでした(まとまらないけどとりあえずかっこよすぎた)。『KAT-TUNって何…?何者なのほんと?』って何度考えても答えなんか出ない。でももう素晴らしくて。素晴らしい事実だけは分かって。ほぼそれからはキスマイよりKAT-TUN見てました。受験生ながら深夜にKAT-TUNに沸くという最低な受験ライフでした(大学生になれてヨカッタ…)。歌番組も年末年始盛んだったので全部録画してパフォーマンスに溺れました。でも常に田口くんはいつかやめてしまう…という悪夢がついてまわりました。好きになるほど、魅力を知るほど、辞めてしまう事実が辛かったです。こんな短期間でハマった私ですらこんなに苦しいのに、田口くんを、KAT-TUNを応援してきたファンの皆様は想像もできないくらい苦しいんだろうなと思いました。

そんなこんなでスピードどハマりしたKAT-TUNと、キスマイの掛け持ちを考えるようになりました。
担当は上田くん→ろばまる→中丸くんという感じで中丸くんをこじらせた故の中丸担です。
Myojoの1万字インタビューによると夏頃から田口くんのいざこざはあったみたいですね。私が一番気にしていた前兆なんか、そんなの一切感じさせなくて、KAT-TUNさんがプロすぎて頭が上がりません。ファンの前に出るときは何にも感じさせないようにしていたと考えると苦しくてどんなに強いんだと思いました。


今までの私の中で自担は絶対的に一番上にいて、その圧倒的存在のもとで他メンも見てたし、他のグループの番組も見たりしてて。ジャニーズっていう一種のエンターテイメントの中で他のグループの良さも知っていけたし、もちろんプロの集まりなのでその提供してくれるエンターテイメントに憧れる部分は大きくて。だから他グループに興味も出るし、引き込まれるのを楽しむ自分もいました。その一番上においていた自担がブレてしまうのは自分の中でも戸惑いや不安があります。でも今無理にどちらかとは選べなくて、どちらも大切にしたいしこれからの飛躍も応援していきたくて。もうこれはいつまで考えてもまとまらない事実なんです。これから偏りが出てきてしまうのも十分に予測できて、でもそういうことは承知の上でこの決断をしました。自分の中で嘘はつきたくなかったのでこんな形になりました。

先ほども申した通り、おそらくキスマイは玉森くんにかなりの重きをおいて応援していく形になると思います。キスマイが嫌いになったわけでもないのですが、私自身色々考える部分も多く、前のように何でもかんでも享受してっていうのはできなくなるのかなと思います。複雑な気持ちです。彼らがLIVEなどで見せてくれる景色は好きなので前向きに応援していく気持ちはあります。今年はデビュー5周年でもありますし、盛り上げていきたいです。

どちらのこともこれからここで愛を叫ばせて頂きます。よろしくお願いします。

初めまして

初めまして。
今春大学生になるろまんと申します。
Kis-My-Ft2の玉森くんとKAT-TUNの中丸くんを応援してます。いわゆる掛け持ちというやつです。たまに女子ドルのことも。
私のアイドル遍歴↓

Kis-My-Ft2(玉森くん) 2011.8〜
アイドルを追うことのいろはを全て教えてもらいました。アイドルってこんなに愛でてもいいんだなって感覚。応援することで彼らが描いている未来に少しでも近づいていくのが嬉しくて。不満だってあるし、まだまだ発展途上な彼らですがとても心の支えにはなってます。7人見ると私やっぱりこのグループだっていううまく言葉では表現できないような安心感が生まれます。しかし最近はめっきり個人担寄りです(受験のせいかな)。玉森くん以外のメンバーの情報には疎いです。

乃木坂46 2015.1〜
可愛いという話はいくつも聞いてて、でも前の方の一部の子しか知りませんでした。冬休みに急に興味を持って『乃木どこ』を見たのをきっかけにグループ全体にハマりました。女の子可愛い。女の子だからこその繊細な面持ちと、秘めてる強さが垣間見れて、そして面白い。乃木どこは見るたびにメンバーの魅力が知れて、早い段階で全員覚えました。2期生が割と年が近いのもあって2期生頑張れって感じで完全なお茶の間ですけど応援してます。
一応推し→まいやん/あしゅ/絢音ちゃん
しかしみんな可愛いのであまり偏りなく可愛い人を『可愛い〜』って思いながら見るという感じですかね。今のところ課金はひとつもしてない完全お茶の間です。

KAT-TUN 2015.12〜
自分でも衝撃的な墜ち方でした。受験生なのに何をやってるんだと自分でも思いました。が、後で詳しく書きますが、彼らは沼でした。軽率にハマるものではなかったです。今はまだ知らないことも多いので学んでいる段階ですが、グループ全体を通して魅力が伝わってくるのが彼らの武器です。あと演出能力の高さ。2次元性も感じられるビジュアル。オンオフがほんとにはっきりとしていてかっこいい姿も可愛くておちゃめな姿もどストライクでした。あとは楽曲がハマる(ここはほんとにマスト)。

そんなこんなでジャニヲタ(お茶の間)してます。

ろまんという名前はもう6年…?前から使ってます。某漫画のキャラクターの名前から頂きました。ジャニヲタになる前は漫画っ子だったのでちゃおなかよしりぼん3誌のステップを小学校6年間でまんべんなく踏んでます。割とどのジャンルでもいけます。無駄情報です。

こちらのブログでは、主に玉森くんと中丸くんへの重苦しい気持ち(←)であったり、番組やCD・DVDなどの感想を綴れたら良いなと思ってます。自己満ブログなので更新率については明言できませんし、文章力もそんなにないので楽しんでいただけるかは不明です。備忘録程度に書き残すこともあると思います。

また、こちらのブログのタイトルはKis-My-Ft2のサクラヒラリという曲の玉森くんの歌割りパートから頂いてます。掛け持ちの時点で言ってること違うとは思います。が、2人がそれぞれのフィールドで大きくいつまでも輝いていてほしいという願いをこめて使わせてもらいました。所詮アイドルだけど、ただのアイドルでは終わらない無限の可能性を持つ人々を応援していたいのです。

少し長くなりましたが、よろしくお願いします。