誰よりも大きく未来に輝いて

玉森くんのこと。

掛け持ちという選択。

掛け持ちについてのお話です。

つらつらと長くなります。お暇な方はどうぞ。

亀梨くんが私のKAT-TUNとの最初の出会いだったと思います。2006年放送の『たったひとつの恋』をドキドキしながら見たのを今でも覚えています。小3だった私の人生初めての恋愛ドラマだったのでただ恥ずかしくて内容は全く覚えてないです。KAT-TUNの亀梨くんというよりは亀梨くん単体で知ったというのが妥当な感じでした(田中くんもいたのにごめんなさい)。今思えば主題歌もKAT-TUNでしたが、ラブシーンだけでお腹いっぱいみたいだったみたいです(笑)
その後KAT-TUNがMステか何かに出たのをたまたま見たことがあり正直な印象は『怖い』でした。ステージ上をヅカヅカとキラッキラの衣装と金髪だらけのグループが大歓声浴びながら歩いてくる姿。ジャニーズ自体にも怖いという感情を抱いていて(学校のイケイケな女の子達が好きなイメージ。地味めに生きてた私には近寄りがたかった)、その怖い印象のトップに刻まれたのがKAT-TUNでした。私とは住む世界が違う(今でも違うことは理解してるけどその違うとはまた種類の違う「違い」←わかりにくい)人たちなんだなあって一般人ながら納得した記憶があります。

KAT-TUNといえば亀梨くんというイメージがその後もずっと強かったです。キスマイ担になった頃、姉がKAT-TUNにハマったのもあってようやく少しは全体が見えるようになってメンバーの顔と名前は一致しました。
亀梨くんは王道ジャニーズの道を常に走り続けててやっぱりかっこいいなと。一人でどこに出ててもトークがうまいな面白いなっていう。そして亀梨くんは圧倒的に目に入る機会が他メンより多いんです(亀梨くんくらいしか出てないだろうという多少の偏見は持っていた)。だからかな、徐々にKAT-TUN自体怖くはなくなったけど亀梨くんしか細かな性格まで(もちろん全部は知らなかったし下ネタが好きだなんてそんなの知らない笑)分かる人はいなかったんですよね。
中丸くんはシューイチで初めて知ったのかな、すごく真面目で優等生みたいな人がKAT-TUNにはいたんだと思ってました。無機質なイメージでアイドルかと言われると繋がらない部分も正直ありました。ボイパやってるのは知ってたのと、あとはかなりのビビリ。これは変に興味がなくても印象強かったです。まさか数年後に担当になるとは思ってもいなかったですが…。
上田くんは丁度坊主になった頃で、前の髪型を知らなかったのでドラマの役作りで坊主にした人という位置でした(テキトーすぎる)。無口でクールそう。そしていつの間にか金髪になってました(ツンツンちょっと怖かった)。
田口くんは長身のたまにギャグ言う人っていう大まかな印象のみ(1番テレビで見る機会が少なかったので…)。

話前後してすいません。2011年、私はKis-My-Ft2に、玉森裕太くんに墜ちました。これは美男出と呼ばれる永遠新規枠なんですけど、ツンデレ廉さんについていくしかないと決めたあの夏。1年ほど嵐をかじってはいましたがそこから本格的なジャニヲタの扉が開かれました。キスマイがデビューまで下積みが長かったこともあり、過去を調べるようになりました。そこでKAT-TUNに遭遇。キスマイはあのKAT-TUNのバックについていたのか…と知って、キスマイの過去のヤンチャっぷりも怖くて、過去に知っても好きになってたかわからないなと正直思いました。
キスマイバック目当てでKAT-TUNの過去のライブDVD買うことも考えましたが、それよりも毎度のかなりのパターンを出すキスマイのCD、DVD類についていくのが中高生だったこともあり、精一杯で、そのうちお金に余裕ができたら買うだろうなと甘ったれたことを考えてました。ここで頑張って買ってたらKAT-TUNの魅力に気づくのが少し早かったかなと今は後悔しています。

そして気づいたらKis-My-Ft2を追いかけて4年が経っていた去年の秋あたり。この時期は受験!受験!とキスマイの番組も録ってもすぐには見れなくて仕方ないと思いつつ、玉森くんのことが好きな気持ちが溢れる時期でもありました。その頃玉森くんのドラマ&映画が重なり、怒涛のテレビ雑誌ラッシュだったのですが当然全く追えず、色んな気持ちが錯綜して露出は嬉しかったけどアイドルを追うことの苦しさに悩む日々でした。

この時期というかその前からも少しはあったのですが舞祭組の売り方がどうも全部受け入れるのは難しくなっていました。なぜこの人たちはこんなにも自虐ネタで周りに笑われなきゃいけないんだろう?アイドルにプライド持てなくなっちゃったのかな?というもどかしさというか落胆というか…もう…みたいなことは感じ始めてました。

あとはなんだろうな…他メンがテレビに単独で出ても見向きもしないタイプになってました(これは時間がなかったのが大きな理由)。他メン<<<玉森くんくらいにはなってたし、学校で昨日のテレビの話されて他メンが出ていたことにやっと気づくこともよくありました。キスマイの活動というよりも玉森くんの活動を時間のない中頑張って追ってる感じでした。もともとそんなに他メンには沸かない方でしたが、キスブサも録画を見る際は玉森くんのところだけとか…時間がなかったのが一番の理由でしたが、キスマイファンとしては失格かなって思い始めた時期です。


そんな去年の秋11月24日。例のあの、田口くんの発表がありました。
(何も知らなかった私が語ってしまうのは少し違う気もしますし、デリケートな話題で気分害してしまったら本当に申し訳ないのでお好みで読んで頂けたら嬉しいです。以下続きます。)


キスマイはあの番組には出なかったので当然録画もしておらず、塾の帰り道のYahoo!ニュースか何かで知り、かなりの衝撃を受けました。KAT-TUNが4人になってからまとまってきてると思っていたし、そして脱退の可能性など思いもよらない田口くんがやめてしまうのかという、ジャニヲタとしての何かぐわっと来るものがありました。もしいつか急に自担にもそんなことが訪れたら…という悪夢な考えもよぎりました。どんなテンションで田口くんが発表したのか気になったのもあり、すぐに動画サイトで発表の様子を見ました。正直見ても意味がわかりませんでした。田口くんは淡々と話し、他3人はただうつむき、その後の亀梨くんの言葉もズシズシ来るけど余裕のない表情だけが映って、伝えられる事実だけが積み上がって儚くて切なくて消えていって…。ネット上でのKAT-TUN担の皆さんの様子も覗かせてもらいましたが動揺してるしこの発表の意味が分かりませんでした。次の日、クラスに田口担の子がいたので心配していたのですが、その子も『とりあえず新聞は買ってきた…』と新聞各紙を机に並べてただ呆然と、理解できない事実だけが並べられた文字を見つめるだけでした。本当に恐ろしかったです。かける言葉が分からなくてなんとも表現できなかったです。
そこから、KAT-TUNに興味を持ちました。田口くんはあの直前まではどんな活動をしていたんだろう…何か前兆みたいなものはあったのかな…というファンの皆様には申し訳無さすぎる興味心でKAT-TUNさんの動画を調べていました(受験生だった故塾終わりの深夜)。
軽率すぎました。
タメ旅を一番最初に見ました。そこには私が想像していたKAT-TUNとは全く異なるKAT-TUNがいました。過去のギラついてて怖かったイメージとは打って変わって、過酷なロケにもめげない、そして仲悪いなんて誰が言ったんだっていうくらい仲良くて素直で可愛くて頑張っているKAT-TUNがそこにはいました。年齢を調べたらみなさんアラサーで、あれ…アラサーだけど全力可愛い…あれ…でも顔はやっぱり綺麗だな…っていうどんどん沼に浸かっていく感じでした(表現下手)!1日の勉強の最後にタメ旅を1回ずつ見ていくのが純粋にすごく楽しかったし亀梨くん以外のメンバーの性格も徐々に知れていけました。寝起きドッキリが1番楽しかったです。そこで徐々に上田くんにハマりました。ろばまるの存在に気づいたのもその頃。
そうしてタメ旅だけ見ていたのですが、ある日、あの『あなたへのおすすめ』っていう関連動画あるじゃないですか(某動画サイト)、そこにKISS KISS KISSの歌番組披露の動画があったのでつい押して見ていました。そこでKAT-TUNの魅力を見たというか、世間のKAT-TUNのイメージはこっちかっていう…タメ旅ではあんなにお茶目可愛いところ見せておいて、歌番組だとこんなにも色っぽくて歳相応にかっこよくて歌も上手くて……!逆転ギャップ沼というやつです。そこから楽曲にも興味を持ち、聴いてみた楽曲はどれもどハマりしました。歌詞もいい意味でぶっ飛んでであの歌詞歌えるのたぶんKAT-TUNだけだわ…かっこよすぎだ…となりました。あんなに怖かったはずの過去の映像とか今見ると印象変わってギラついてるのがかっこよすぎて意味がわかりませんでした(まとまらないけどとりあえずかっこよすぎた)。『KAT-TUNって何…?何者なのほんと?』って何度考えても答えなんか出ない。でももう素晴らしくて。素晴らしい事実だけは分かって。ほぼそれからはキスマイよりKAT-TUN見てました。受験生ながら深夜にKAT-TUNに沸くという最低な受験ライフでした(大学生になれてヨカッタ…)。歌番組も年末年始盛んだったので全部録画してパフォーマンスに溺れました。でも常に田口くんはいつかやめてしまう…という悪夢がついてまわりました。好きになるほど、魅力を知るほど、辞めてしまう事実が辛かったです。こんな短期間でハマった私ですらこんなに苦しいのに、田口くんを、KAT-TUNを応援してきたファンの皆様は想像もできないくらい苦しいんだろうなと思いました。

そんなこんなでスピードどハマりしたKAT-TUNと、キスマイの掛け持ちを考えるようになりました。
担当は上田くん→ろばまる→中丸くんという感じで中丸くんをこじらせた故の中丸担です。
Myojoの1万字インタビューによると夏頃から田口くんのいざこざはあったみたいですね。私が一番気にしていた前兆なんか、そんなの一切感じさせなくて、KAT-TUNさんがプロすぎて頭が上がりません。ファンの前に出るときは何にも感じさせないようにしていたと考えると苦しくてどんなに強いんだと思いました。


今までの私の中で自担は絶対的に一番上にいて、その圧倒的存在のもとで他メンも見てたし、他のグループの番組も見たりしてて。ジャニーズっていう一種のエンターテイメントの中で他のグループの良さも知っていけたし、もちろんプロの集まりなのでその提供してくれるエンターテイメントに憧れる部分は大きくて。だから他グループに興味も出るし、引き込まれるのを楽しむ自分もいました。その一番上においていた自担がブレてしまうのは自分の中でも戸惑いや不安があります。でも今無理にどちらかとは選べなくて、どちらも大切にしたいしこれからの飛躍も応援していきたくて。もうこれはいつまで考えてもまとまらない事実なんです。これから偏りが出てきてしまうのも十分に予測できて、でもそういうことは承知の上でこの決断をしました。自分の中で嘘はつきたくなかったのでこんな形になりました。

先ほども申した通り、おそらくキスマイは玉森くんにかなりの重きをおいて応援していく形になると思います。キスマイが嫌いになったわけでもないのですが、私自身色々考える部分も多く、前のように何でもかんでも享受してっていうのはできなくなるのかなと思います。複雑な気持ちです。彼らがLIVEなどで見せてくれる景色は好きなので前向きに応援していく気持ちはあります。今年はデビュー5周年でもありますし、盛り上げていきたいです。

どちらのこともこれからここで愛を叫ばせて頂きます。よろしくお願いします。