これからもおいしい関係で

お久しぶりです。前回の更新から1年も期間が空いてますが毎日元気におたくやってます。

 

中丸くんのたんおりブログ、気持ちが生き急ぎすぎてたかなと思い、公開を取り消して、長い期間下書きに戻していたのですが、やっぱり元に戻りそうにないのであれをわたしのたんおりブログとさせてください。降りてもKAT-TUNはほのぼのと見守るつもりです。4月の東京ドームでの復活コンもありがたいことに全日入ることができ、またCASTコンも横アリに参戦する予定です。ここ最近の歌番組の露出も見ていますがKAT-TUNはかっこいいが直球で似合うグループですね。

 

ここから本題に入ります。

Kis-My-Ft2の2018年のツアーYummy You&meのまとめの意味で、セトリ順に追っていきます。ちなみに名古屋2日目、東京3日間の計4公演と、キスマイでは自分的過去最高回数ツアーに参加しました。感想は4回入ってみての感想がごちゃごちゃになっていますので多めにみてください。

以下感想になります。備忘録も込めて勢いで書いてたら1万字超えたので暇な方だけ読んでください。笑

◎60秒カウント

このスタイル初めてだったので最初えっえってなりながら心の準備しつつ、徐々に緊張を高められたの良かったと思います。今年もスクリ~マ~ズがコンサートを一緒に盛り上げてくれるんだなと可愛さにも浸りました。

◎OP映像

この映像今までで一番好きかも。外国人の男の子がお腹を空かせているところにスタイルの良い男性が近づいてきたな…と思うと玉森くんなんですよね。そこで男の子に問いかける「Yummy or 闇?」で私の心をガッとちゃんと掴んでくる玉森くんは最強の自担です。そこからは始まったー!って感じでポップな音楽とともにメンバーが次々に紹介されていくのセンス良くてどんどんこの世界に連れこまれていく感覚がありました。

1.Tell me why

名古屋2日目に入って前日ネタバレを回避していたのでイントロで「??!!!??!!」ってなっちゃいました…てるみーわいが聴けるなんて思いもしなかったしまさか1曲目がYummyアルバム曲でもなく、シングル曲でもない選択だったのこれは本気で挑んできたって感じがしました( ;  ; )スタンドマイク操ってしっとりと歌い上げるキスマイ、登場からかっこよすぎてぶわあああってなりました(語彙力)

2.Crystal Sky

これもぎゃー案件。歌詞のhands upで気持ちが一層高まったし、マイク通して聴こえてくる歌声が加工された音?電子音的?なのがまたこの曲好きってなるポイントです。

 3.Super Tasty!

宮玉ショートケーキソング🍰 

東京の3日目のMCかな?千賀さんのパート「隠し味は~」の藤ヶ谷くんのモノマネがめちゃくちゃ面白かった(笑)カァクゥゥゥシアジィィイハァ(食い気味)

最初Mステであご乗せダンス見た時も画面越しに可愛くて、ライブで見ると益々キスマイ7人かわいい~♡になりました。ちょろい。横並びあご乗せもいいけど、1人ずつ 添え…添え……ってやっていくあご乗せ(自分があご乗せしたら次の人に手を添えて、次の人があご乗せしたらそこから移動する)(語彙力がない)も可愛くて!可愛くて!玉森くんは北山くんに添える係だったんですけど、小ささを見越して(?)下めに添えててその絡みが可愛かった…

4.PICK IT UP

Super Tasty!終わりはバクステなんですけど、あれ?なんかこの図見たことある…って思った瞬間 アッアッアッピキラッって始まって「ピ、ピキラー!!!」って叫びたくなりました。叫んではいません。ピキラのジャケットプレイ、地球がどう回っても好きなので見れて良かったです。

5.I Scream Night

ま、、って…あいすくりーむないと?!!!?(毎曲びっくり芸) 

2年前の最高の夏を大切な思い出にできてるのはあいすくりーむないとのおかげなので、嬉しい反面、Yummyで歌って思い出が崩れないかっていう気持ちにも同時になったんですけど、全然違うI Scream Nightだったのでオールオッケーでした。うまくファンサ曲にしながら、ステップを気持ちよさそうに踊るキスマイが眩しかった。あと玉森くんのステップってあんなにぴょこぴょこしてて可愛かったんでしたっけ??かわいい…かわいい……って言っているうちに終わっちゃいました(事実)

6.AAO

この辺で挨拶があったかな。玉森くんが名古屋2日目が始まる前にまいたまに書いてくれた、耳に手当てたら「たまちゃーん、って呼んでほしい」というお願い(みんなとのお約束)を、公演ごとに会場のみんなに伝えるのからまずかわいい。そしてファンが全力でたまちゃんって呼ぶ→天使の笑顔でくしゃっと笑う玉森くん可愛すぎる。圧倒的感謝。

玉森くんは挨拶が終わったらローラーに履き替えます。

7.Kis-My-Calling!

玉森くん「神さま 女神さま!(マイクでみんなの声聞く)」→満足気でかわいい

8.Invitation

満を持して現れる招待曲。ここまでのセトリにもう既ににやける危ない女でした。この曲「コンサート始まったね、一緒に楽しもうね」ってキスマイが笑いかけてながらふわぁ~って手を引いてお洒落な世界に連れてきてくれた感覚に陥らせてくれるんですけどニュアンス伝わりますかね?

ポテト🍟から颯爽と現れる玉森くん抱きしめたい。かわいい。北山くんが風船をサーっと下に流しながら出てくるのも私は好きです。(順番的には北山くんのが先)

これ途中ではけて舞台裏を映したような映像に変わるんですけど、それもキスマイそれぞれの個性が現れてていつかの新春福袋を思い出しました(すき)。曲終わり、キスマイがぎゅっとしてる真ん中に玉森くんがいて、両手を行ったり来たりしてるのがかわいいです。

9.Break The Chains

登場からかっこよすぎて泣きました。少し煙が立つ中、現れる7つの影かっこよすぎる…。そしてここからの衣装も最&高。肩に少しボリュームを持ってきて頼もしい上半身と、スタイルの良さが際立つ細く長い脚を、より良く魅せてくれる衣装が天才で、玉森くんの衣装センスに脱帽でした。

ベルトコンベアみたいなのに乗ったり降りたり座ったりでこの曲を表現してくれるんですけど、どのフォーメーションで見てもみんなほんとにかっこいい、生気みたいなのが感じられて良かったです。

あと個人的に、歌詞の「Your Beautiful」のところで玉森くんがカメラで抜かれるのが正にそれすぎて、私の気持ちが歌詞として現れてる?とまで思いました。きみ(玉森くん)は本当に美しい………白い肌が黒い衣装に映えて美しいしかいえないのがもどかしいくらいでした。

10.FREEZE

これもブレチェンからの流れが最高で、パフォーマンスで一段と好きになった曲。AメロBメロくらいは歌ってる人以外は寝転んでるんですけど、それをサッと起こすのとか、スピード感のある曲と振り付けどちらでも魅せるって感じで…!ファイアビと対になる曲というのも納得です。

ファイアビが頭ぐるぐるでテンションを上げるのに対して、FREEZEは腰を突き上げるのどっちも大正解すぎません???ファイアビを見ていないのにあの曲を見た時と同じ感覚になって、それにも感心しました。

11.蜃気楼

この振り付けも天才of天才。これ、ツイッターで回って来たんですけど、別れたか、もしくはもうこの世にはいない彼女のことを想って歌った曲なのかな、と。私はこの世にはいなくなってしまった彼女説を推します。

表現力高すぎません??椅子を彼女に見立てて優しく触れようにも(もういないので)触れられないもどかしさだったり、手で目を覆う振りは、目を閉じて彼女のことを思ってる(覆っている)時間だけは会えているのかな、とか…。顔の表情と指の先まで全身全てを使って儚さを表現するキスマイが、(煙の、非現実感、神秘性も相まって)見ていて消えそうに儚くて美しくて、一瞬も逃せない…って気にさせてくれました。双眼鏡で玉森くんをずっと追っていたのですが、この世界に引き込まれて私まで2度と逢えない現実に悲しく胸が痛みました(めちゃくちゃ入り込んでる)。大サビ前に椅子に乗って、椅子が傾いてバタン…!ってなるんですけどあの辺はもう気持ちの頂点で、あの一瞬で存在がもう無いことを痛いほど実感するんですよね( ;  ; )

私の中であいすくりーむのふらみんご、みゅーころのわんきすに続いて蜃気楼はそのジャンルの曲だと思っていて、毎年表現力が進化していますよね、、うう、好き……。

12.Flamingo

蜃気楼の後のふらみんごはずるくないですか!(ありがとう)

あいすくりーむは自分がふらみんごでしたが、今回はスタンドマイクがふらみんごになってて可愛かったです。ワールドのif…みたいに、横並びでスタンドマイクでしっとり歌い上げるの好きです。

13.HOT!×2

玉森くんは一塁側に向かうはずなんですけど、どこかの公演で逆のセンステに向かって「間違えた!」って慌てて戻っている玉森くんがめちゃくちゃ可愛かったです♡

あとここで風船?ボールが一斉にアリーナ中心に投入されるんですけど、玉森くんが おりゃあってアリーナの方にボールを蹴っているのが子どものボール蹴り練習を見ているようで、可愛かった…玉森くんは存在がまず可愛いので私は8割可愛い話しかしません。

14.Thank youじゃん!

東京の2日目で曲終わりメインステに間に合わずにあわあわしながら外周を走って向かう玉森くんが可愛かったなあ…と3日目にぼんやり考えてたら、3日目は北山くんも間に合わず2人でわちゃーってしながらメインステに向かうのが可愛くて、しかしぼんやりしすぎてその絡みを見れたのが数秒だったので(自分を恨みます)、(ハプニングとは呼べないかもしれないけど)ハプニング集に入れてください、、エイベックス様様。

◎MC

 全然完全ではないですが、東京3日間のものをいくつか抜粋します。

1日目

2日目

MCの告知タイムでパラレルワールドラブストーリーの話になって、あらすじを話している時に、その内容の流れで「あれれ?」って人差し指を顔に当てた仕草をするのが可愛すぎた。

3日目

以上です。(ほんとに少ない)

15.友+情を、くっつけて

最初の「…ウゥ……アハ……」はてっきりたいぴだと思ってたのに玉森くんだった軽い衝撃。

東京2日目ですねこれ。3日目は普通にあぐらをかくような形で定位置(股のあたり)に入れていました。

この曲はバックに今までのメンバーセレクトやメンバーのケータイに入っていたという写真が映し出されながら歌われるんですけど、そのお写真、Jr.時代の写真からワールドコンの記念撮影ぽい写真とか、ふざけて撮ったんだろうなってわかる写真とか、サーフィンの写真とかキスマイがいっぱい詰まっててわーん、、ってなっちゃいましたね。この演出エモい。懐かしいなあって思いました。キスマイがデビューしたと同時くらいから応援してますけど、こんな時もあったなあって。オレンジの照明がまた懐かしさを誘ってきて、胸がいっぱいになりました。

私的にキスマイは仲良しこよしというより仕事仲間、というか前に北山くんが言っていたような部活の延長っていうのがしっくり来てて。部活ってトラブルももちろん起きていざこざがあったりしますけど、そのあと修正してまとまって何か目標に向かって頑張るっていうのが、キスマイとなんだか重なって。いつまでもそんな関係でキスマイが続いていくといいなって思いました。もちろんプラベで普通に仲良いのも分かった上で、です(^-^)

◎トラジャ

めちゃくちゃ張り切って出てくるトラジャに若さを感じました(笑)にぃに(ニカ)がそれも指導したって言っててにぃにとトラジャの関係性を好きになりました。

キスマイ兄さんから曲を頂きました\(拍手)/

キスマイ兄さんから衣装も頂きました\(拍手)/

そしてこの曲の振り付けは千賀くんに考えてもらいました\(拍手)/

去年のみゅーころを経てこんな関係になってるキスマイとトラジャがほんと単純に良いなあって思いました。去年こそ補助的役割で衣装替えを手伝ってくれたり、リトル宮ママとして一緒に盛り上げてくれましたが、今年はもっとバージョンアップしてバックでこのコンサートを支えてくれたなと。

Rock Rock キャッチーな振り付けでキスマイのファンも結構一緒にやっていたと思います。やっぱり千賀くんの振り付けは天才だなーって。北山くんが去年はあまり踊れるトラジャをうまく活かせなかった(ニュアンス)みたいなことを言っていたみたいですが、今年はトラジャは出番も多くて、反省?を生かすじゃないですけど、みゅーころより上手くトラジャの魅力を引き出すことができたのかなって素人目に見ても思いました。このあと書きますけどソロ曲のバックの時とか、赤い果実前の軍服?みたいなの着て出てくるのとかかっこよかったです。ファンサソングでも一緒に盛り上がってて楽しそうだった。

16.Mr.Star Light

名古屋はこの前に障害物リレーがありましたがバッサリカット。名古屋であれを見てなんかグダついてるなって少し思ったのでバッサリいったのまぁ確かにな…って思いました。あれはあれで可愛かったし、玉森くんが痛い痛い言っててモンペも発動しましたけどね!(良い思い出)

私はこの曲がアルバムの曲の中で特に好きで。聴いたときにキスマイらしい曲だなって思いました。

「もっとKi to the s to the M ぶつかって Yeah Y to the F to the T 2!!! 高め合おう」「同じ時代を今 生きてる その奇跡を祝おう」って歌詞がほんと良いですよね!!!2番の歌詞もキスマイの楽曲名が散りばめられていてグッときます。コンサートでこの曲を歌いながらメインステをローラーで回るキスマイが私の好きなキスマイでした。

「オレがいきます」「いやオレがいきます」のたまがやちゃんの絡み毎回可愛かった!大勝利!!

17.We are キスマイ!

タイトルがダサいってイメージ…(笑)音楽もなんかダサ可愛い感じがキスマイらしい(笑)

\\ Kis-My-Ft2 ////って叫べるのは楽しかったかな。あと公演ごとに「きすまいふっとつー?」「キースーマーイ」みたいに間奏で煽る部分言う人変えてるの変化があって面白いなと思いました。

まあここだけの話私はコーリング派です。笑

18.ZERO

3人だったのは名古屋だけみたいで。7人で聴けるのもライブの特別感で、その修正は◎だと思います。

今年のキスマイは挑戦、というか今までの概念をぶち壊す心意気が見えたので、それが歌詞にまたリンクするんですよね。

「何度でも ゼロから描き出すんだ未来 可能性はそうさuniverse  supernovaを巻き起こして今こそ輝け」

何度でも変われるんだ。可能性はまだ無限にあるんだ。って自分たちに言い聞かせて、そして私たちファンにもまだまだ俺たちはここからだよ?輝き続けるから着いて来てね?って言ってくれてるみたいで…この曲だけでなく、今年は特に歌詞が重なる曲が多いなと感じました。

◎藤北玉映像

これは天才すぎた。この映像の玉森くんの衣装がドンピシャすぎて、この映像を見るために行っていたと言ったら過言ですけど、目的の一つにしっかりと君臨してました。デニムのサスペンダー×ゆるめのジーパン×シンプルな白T×可愛いめな靴。これだけなのにシルエットが最高で、玉森くんのスタイルの良さが抜群に分かって、そして何より顔がかっこいい。これに尽きる。

最初試験管と葛藤する(?)藤ヶ谷くんが映ってから、玉森くんになるんですけど、ソロ曲を少しいじったような音楽に切り替わってその衣装で颯爽と現れる玉森くんが本当に好きです。北山くんに切り替わって、最後に藤北玉で階段を上るのも、それも3人ともかっこいいから困る。そこで玉森くんはジャケットを羽織るんです…羽織らないで派でしたが、これが後の演出に繋がってるっていうのまで含めたら羽織って全然okになりました。(何の報告)

 19.Toxxxic

これ、まじか!!ってなりました。CDで聴いた限り藤ヶ谷くんのソロの中でもしかしたら一番好きかもな~ってぼんやり考えてて。自担ではないので集中力は3分の1程度まで落ちるんですけど(その前の映像で力を使いすぎる)、試験管プレイ(?)を3度見くらいしました。あれは何だったんだ…??トラジャのうみんちゅくんが飲まされるところがどエロすぎて藤ヶ谷くん本人よりエロいんじゃないかって思いました。藤ヶ谷くん、キスマイのエロを担ってくれてありがとう。

20.Touch

映像で羽織ってたのが繋がったのかな。玉森くんはソロ曲の衣装の上(デニム生地とは異なります)に上着羽織って出てきて、そして脱ぎ散らかした(語弊)藤ヶ谷くんに上着を渡すところから始まるんですよ!!ねえ!!好き!!!

去年突如現れたまえあし。そのMステで歌った以来、コンサートで披露するのは初めてなTouch。この目に刻めて良かったです。この曲はエロの延長なんですけど、藤ヶ谷くんのエロがどエロだったら、この曲にはエロにオシャレさも加わって、最終的に玉森くんのソロに綺麗に移行するのですごい。構成が気持ちいい。

これよく考えられてますよね~!

21.Clap-A-Holics

私的にこのコンサートの目玉です。CDで聴いた時から、ALIVEでドームを白一色に染め上げて美しさで魅せた玉森くんが浮かんで、この曲はどんな演出してくれるんだろうってすごく楽しみでした。

蓋を開けてみたら、想像の何百倍も何千倍も玉森くんは自分の魅せ方も自分の生かし方も、そしてドーム全体を使った演出も分かってるんだなって。求めていた以上の、更に惚れさせてくれるような演出で大満足でした。

まず衣装。先ほども述べたように、映像の中の衣装も好きなんですけど、ちょっとした区別をつけるようにデニム生地ではなくベージュのカジュアルめなサスペンダー×少しダボッとしたズボン×白T。この衣装の可愛いポイントは縦の赤ライン。これあるのとないのだと全然違うと思います。

Touchからの流れも気にしながら、上着脱いでくれた玉森くんは分かってますよね。。Jr.の衣装もサスペンダー取り入れながら、玉森くんが白なら黒(紺 暗めな色)で統一感と対比を同時に見せてくれるの、ほんと、分かってますよね。。全て考えられてるなって伝わってきて脱帽でした。見守ってるだけで幸せになれるなんて…「見たい」を「魅せて」くれる玉森くんが大好きです。

早く円盤で見たいです。

22.優しい雨~カ・ク・シ・ゴ・ト

去年ソロ曲を歌わなかった分、今年まとめて歌ってくれる北山くんの優しさ…。個人的に去年北山くんに惚れ込んだ時期があって、それが正にみゅーころ、あんちゃんの時期で。優しい雨をその時必死に聴いていたので、演出が見られなかった、その時の寂しい気持ちも拭ってもらえたような気がしました。今は他担として北山くんのソロ曲に圧倒的信頼を置いてます。好きです。

カクシゴトの演出で好きなのはバーカウンターですね。そういう、大人な見せ方もあるんだなってハッとさせられました。「嘘だよ…」みんな好きなやつ。

24.REAL  ME

久しぶりにドームが底から全体で揺れる感覚に遭遇しました。藤北はやはり強い。藤北の対になる演出好きです。担当外の私ですら、あの、ペンキの演出に開いた口が塞がらない現象に陥りました。アレルギーの影響で東京では北山くんが肌をあまり出さなかったのですが、まあそれでもあの完成形を見たら多少なりとも興奮するのではないかと思います。玉森担の私はこれ以上語れないので該当担の方にお任せします。

25.ぶっさっさー

名古屋ではバクステから外周回りながら歌っててよく分かんなくなっちゃってたので、メインステでしっかり見せることに修正したのは良かったと思います◎

まえあし3人との量と演出の差に少し冷めちゃう時も正直あったのですが、舞祭組は舞祭組でキスマイのコンサートを終盤に向かって盛り上げるためにここでこの曲を歌ったのかなと思うとその気持ちも分からなくないです。かっこよく見せるよりも盛り上げに回ってくれたのかな。少しう~ん…となってしまったのは事実です。(私の主観の話です)

26.赤い果実

歌前の映像もこだわっててあの世界観に一気に連れて行ってくれましたよね。軍服風衣装かっこいいですよね…Jr.が探してる風に銃構えたりしてるの、映像とリンクしてストーリーがあって良かったと思います。

赤い果実は鎖取るのいつもガン見しちゃいます。玉森くんの鎖が解けた後、藤北のをガッと引き抜くの見てて気持ちいいです。

27.Let it BURN

満を持してですよね、これ7人で披露されたの。一昨年のドリボのショータイムで千賀くんがやっていましたが、7人で見れたのが嬉しかったです。ボルテージ上げるのは任せろって感じでTonightに繋ぐの良かったと思います。

28.Tonight

特効曲キター!テンション爆上がりのコンサート終盤で特効を持ってきて外さないキスマイが好きです。数々上がる炎の中で踊り狂うキスマイ、間違いなくかっこいいです。そして惜しみなく特効をぶち上げるのほんと清々しい。はじめこそビクッとしますがどんどんぶち上げて天下取ろうねって気持ちになるので特効曲はやっぱりいいですね(もはや誰目線)。

29.今はまだ遠く果てしない夢も

この曲に今のキスマイが詰まってる気がして。藤北でアカペラするのだってキスマイの一種の象徴だろうし、何色にも染まれる白の衣装に着替えてこの曲から挨拶、HOMEに繋ぐのもそうだろうし。答えのないままでも歩き続けていく。まだ遠い果てしない夢へ、いつか叶うと信じて 自らで夢を切り拓いていく。正にこれが私がキスマイに感じるような、部活のような泥臭さで目標に向かって歩いていく姿で。誓いの曲にも聞こえるんですよね。キスマイの夢が滲むことがあっても、キスマイは自分たちで切り拓く力もきっと持っているから、私はキスマイを信じてこれからも応援したいと思います。

◎挨拶

各公演で言葉を紡いでくれたので一つ一つには言及はできません。が、近頃は事務所内で、当たり前に続けてきたものの終わる時がくる、というのを私たちだけではなく本人たちも感じていたのかなと思います。そんな状況も理解しながら、7年目を一つの区切りとし、信頼できる仲間たちとこれからもキスマイで7人で頑張っていくと誓ってくれました。本人たちがこんなに面と向かって言葉を紡いでくれたのが初めてだったので、私も緊張しながら言葉に耳を傾けましたが、これからもキスマイがずっと長く続いていけばいいなと素直に思いました。メンバーって不思議な存在だから、何にも例えられるものではなくて、そんな存在がそれぞれに6人いること、こうして横に並んで活動ができていることに私自身も奇跡を感じながら、見守っていられるのは幸せだなと思いました。キスマイのこれからに幸ありますように。

30.HOME

「ただいま」「おかえり」って深いですよね。一人仕事を終えてグループに帰ってきた時にもきっと交わされる言葉だと思うのですが、キスマイは私たちファンもキスマイの家族に迎え入れてくれて、私たちはコンサートに足を運ぶ度にキスマイに「ただいま」が言えるんだなって。気づかないうちにそんな暖かい関係になれていたんだなって。

コンサートに行けば、そこにはキスマイと私たちの関係があって、日常の嫌なことも受け止めてくれて、笑顔を、幸福感を与えてくれるキスマイなんですよね…。そこにまた戻るためにも、コンサートにまた足を運ぶためにも、日常を精一杯頑張りたいなと、ほんとありきたりなんですけど、強く思いました。

◎ED映像

(本当ははっぴーでいめっかわなので披露してほしかった)

はっぴーでいの玉森くんパート「今日もちゃんと笑った?」が好きです。これってコンサートの終わりにぴったりな言葉ですよね…「思い出して今日この日を」っていうのも正にだなと思います。

メイキング映像見どころありそうなので円盤のメイキング待ってます…!

一種のエンターテインメントだったって映画観終わった後みたいに演出してくれるのもコンセプトが一貫していてよかった◎

◎アンコール

兄組と弟組に分かれてフロートで。東京3日目かな?自撮り棒持って千賀くんが玉森くんの方に行ったのに全然玉森くん気づかずで…でも気づいて一緒に映ってたの可愛かった思い出。あとたぶん弟組四人でも自撮り棒してたから、円盤にそのへん入れてください…自撮り棒は誰がやっても可愛い…。

玉森くんがしははのイントロで上半身果敢に振り回して疲れて撃沈するのも可愛かったですよね…恒例になってて、ハマったらそれやり続けるの好きです。

セルフィ―がアンコール曲に持って来いな一曲でした。

ここ皆さん見てましたか??Jr.がこの歌詞の時ピタって止まってるんですよ~!!個人的にこの歌詞に泣かされたオタクだったのでこれ東京で見かけた時ぶわあああってなりました。あのJr.の姿だって、歌いながらファンサしてくれていたキスマイの姿だってきっとずっと輝き続けます。

 

 

思ってること全部書いたらだらだら長くなってしまったし、コンサートから二か月近く経とうとしていると記憶があいまいな部分もあって読みにくかったと思いますすみません( ;  ; )

これに尽きます。名古屋で文句垂れたのは事実なんですけど、この変化に私が対応していなかっただけで、キスマイの挑戦、これからの夢も見据えた上でのツアーだったのかなと思います。私は今回西武ドームの参戦を見送ったオタクなのであんまり大きな口を開けませんが、西武ドームを含めて5大ドームツアーを完走しきったキスマイは去年よりもずっとずっと大きくなったと思います。いつか…と語る新国立が叶う夢であってほしい。キスマイならきっと叶えるんだろうなって今から楽しみです。

7周年を本日無事に迎えたキスマイの未来が明るいことを祈って。これからもずっとおいしい関係でいてください。